ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • ストレスがダイエットを妨げる本当の理由とは?

    2019-04-17 09:00

     

    Pocket

    こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ♪

    大阪市鶴見区の痩身エステサロン

    ベクヴェームの白男川ユキです🌸

     

     

     

    すごくストレスにさらされている時、体重が増えちゃうという方、多いのではないでしょうか?

     

    体重増

     

    「あっ、分かる!!ストレス解消のためにドカ食いしてしまうからやんね」

     

     

     

     

    確かにそれも理由の一つなんですが、それだけではないんですよー。

     

     

     

     

    実はもっと体のメカニズム的な原因があるんです。

     

     

     

     

    ストレスによって体重が増える、ストレスがダイエットを妨げる本当の理由についてお話します。

     

     

     

     

    ストレスに対抗するホルモン「コルチゾール」とは?

     

     

    ストレスを体に受けたときに分泌されるホルモンがあります。

     

     

     

     

    それは「コルチゾール」

     

     

     

     

    「コルチゾール」は腎臓の上部にある臓器「副腎」の「副腎皮質」というところから分泌されています。

     

     

    ※下図の赤丸で囲んだ三角形の臓器が「副腎」です。

     

     

    副腎

     

     

    副腎は副腎皮質と副腎髄質があり、「コルチゾール」以外に複数のホルモンが分泌されています。

     

     

     

     

    ちなみに副腎の「副腎髄質」から分泌される「アドレナリン」も危険な状況を察知して、「闘争・逃走モード」になり分泌されるホルモンです。

     

     

     

     

    「コルチゾール」は特にストレスがかかるとドバドバーっと分泌されるので、

     

     

     

    枯渇してしまった結果「副腎疲労」になります。

     

     

     

     

    「副腎疲労」が起こると、

     

     

     

    体力減少、無気力、ベットから起きれない、体重の増減、高血圧、低血圧、むくみ、不眠等の減少がおきます。

     

    不眠

     

     

     

     

    では、コルチゾールの働きについてもう少し掘り下げていきますね♪

     

     

    続きを読むをクリック♪