ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • ハイパーナイフで温め溶かされた脂肪はどのように燃焼するのか?

    2019-01-22 10:00

     

    Pocket

    こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ♪

    大阪市鶴見区の痩身エステサロン

    ベクヴェームの白男川ユキです🌸

     

     

     

    当店で大人気の痩身マシン「ハイパーナイフ」

     

    ハイパーナイフ

     

     

    ただ今実施中のキャンペーンコースでも大活躍ですよ~♪

     

     

     

    本日は、ハイパーナイフで温め溶かされた脂肪がどのように燃焼されるのか、

     

     

     

    についてお話したいと思います。

     

     

     

    その前に、脂肪燃焼のメカニズムについてお話します。

    脂肪燃焼

     

    脂肪燃焼のメカニズム

     

    エネルギーの材料とは

     

     

    私たちの体はを動かすにはエネルギーを作る必要があります。

     

     

     

    エネルギーの元になるものとは何でしょうー?

     

     

     

     

    そうですね、「食べ物」です。

     

     

     

    ご飯などの「炭水化物(糖質)」、お肉や魚などの「タンパク質」、

     

     

     

    お肉の油、炒め油などの「脂質(脂肪)」、

     

     

     

    野菜に多い「ビタミン」、海藻などに含まれる「ミネラル」、

     

     

     

    そして「食物繊維」。

     

    栄養素

     

     

    食べ物はざっくりと6種類に分けられますが、

     

     

     

    エネルギーの材料になるのは、主に①糖質、②脂質です。

     

     

     

     

    まずは糖質から使われていきます。→【糖質代謝モード】

     

     

     

     

    ご飯や麺類を食べてお腹がいっぱいになっているときは、

     

     

     

    糖質代謝モードになっているので、体の脂肪はエネルギーとして使われません。

     

     

     

     

     

    体内の脂肪をエネルギーとして使われることを脂肪代謝といいます。

     

     

     

     

     

    お腹が減っている状態で、ご飯などの糖質を摂らない状態が続くと、

     

     

     

     

    初めて【脂肪代謝モード】に切り替わります。

     

     

     

     

     

    ちなみに、空腹時にチョコレートなどの甘いものや、

     

     

     

    チャーハンなどがっつり炭水化物を食べてしまうと

     

     

     

    血糖値が急に上がり、インシュリンが大量に分泌されます。

     

     

     

     

    インシュリンが大量に分泌されると、

     

     

     

    糖質代謝できなかった余分な糖質を中性脂肪に変えて

     

     

     

    体に溜め込むので、体脂肪が増えて太る、、、ということなんですね。

     

     

     

     

     

    では、【脂肪代謝モード】に入った時の脂肪燃焼の流れをご説明します。