ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • 痩せれない人の原因は貧血かも?隠れ貧血の方増えています!

    2018-12-13 10:00

     

    Pocket

    こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ♪

    大阪市鶴見区の痩身エステサロン

    ベクヴェームの白男川ユキです🌸

     

     

    皆さんは「貧血」って血液検査で診断されたことありますか?

     

    血液検査

     

     

    「貧血」が、ダイエットや美肌にとっても大きな影響を及ぼすということご存知でしょうか?

     

     

     

    日本は先進国の中で最も貧血の多い国だそうです。

     

     

     

    貧血を自覚する人は少なく、病院や献血の際にもなかなか「貧血」とは言われないんですが、

     

     

     

    実際には「貧血気味」いわゆる「隠れ貧血」という方が多いんですよ。

     

     

     

    貧血ってどういう状態?

     

     

    貧血=血液が薄い状態ですが、血液が薄いと何が起こるんでしょう?

     

     

     

     

    血液のお仕事は「体の細胞に酸素を運ぶ」こと。

     

     

     

    ですので、血液が薄いと「酸欠状態になる」んですね。

     

     

     

    皆さんは、高い山に登ったことはありますか?

     

    頭痛

     

    高い山に登るとかかりやすい「高山病」というのがありますが、

     

     

    あれは高い山の上は空気が薄くなるので、酸欠状態になるということ。

     

     

    「高山病」で酸欠状態になった体は、頭が痛くなったり、立っていられなくなったり、めまいが起きたり。

    頭痛

     

    かなり体調に悪影響を及ぼしますよね。

     

     

     

     

    ところで、「代謝がいいと痩せやすい」、逆に「代謝が下がると太りやすい」と言われますが、どういう状態でしょう?

     

     

    代謝がいい? 代謝が悪いとは?

     

     

    下図を見てください。

     

    エネルギーを作る

     

    すごく簡単に図示すると、

     

     

    私たちは、食べ物の糖質・脂質・タンパク質を「燃焼」させて、体を動かすためのエネルギーを作ります。

     

     

     

    この「燃焼」の際に必要なのが、ビタミンB群と「酸素」なんですね。

     

     

     

     

    酸素が多いとよく燃える=代謝がいい、酸素が少ないとあまり燃えない=代謝が悪い、ということなのです。

     

     

     

    酸素が少ない状態=「貧血状態」でしたので、

     

     

    「貧血」では燃えない、代謝が下がり、太りやすくなる

     

     

    ということになりますね。

     

     

     

    さらに、上図にもあるように、燃焼させた後は、エネルギーと熱(体温)がつくられるので、

     

     

     

    貧血の場合は、「冷える」「体温が低くなる」という理屈も分かりやすいかなと思います!

     

     

    では、貧血の原因って何でしょう?