ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • 低体温・冷えは美容・健康・ダイエットの敵です!

    2018-12-03 10:00

     

    Pocket

    こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ♪

    大阪市鶴見区の痩身エステサロン

    ベクヴェームの白男川ユキです🌸

     

    12月に入っても暖かいですねー。

    でも今週末にはいよいよ寒くなるようなので、体調を崩さないように気を付けてくださいね。

     

    突然ですが、最近「体温」って測りましたか?

     

     

    少し前まで「痩せるには基礎代謝を上げなければいけない」というお話をしていました。

     

     

     

    代謝が悪い=燃えにくい身体、

     

     

    そして、「体温が低い」方は「なかなか痩せない」のです。

     

    低体温とは何度?

     

    基礎体温が36℃を下回ると「低体温」ですが、

     

    体温計

     

    「低体温」はいわゆる「冷え症」と違って体の内部の温度が低いので

     

     

    自覚ない人が多いんです。意外と手足は温かい場合もありますしね。

     

     

     

    この「低体温」がダイエットだけでなく、「健康」にも「美容」にも悪影響を及ぼすのをご存知でしょうか?

     

    低体温が健康・美容にも悪影響を及ぼす理由

     

    「体温」はとても大切な役割を持っていて、

     

     

    血液の流れ腸内細菌のバランス体内酵素の活性免疫力

     

     

    エネルギーの生成にもかかわっています。

     

     

     

    「血液の流れ」一つとってみても分かりますよね。

     

     

     

    血液の流れが悪くなると、、、

     

    ・健康面:冷え、肩コリ、腰痛、生理痛、頭痛

     

    ・美容面:くすみ、シミ、肌荒れ

     

    ・精神面:イライラ、不安感

     

    といったことがおこります。

     

     

     

    人の生命活動は、37兆個の細胞一つ一つがきちんと動いてくれることが基本。

     

     

     

    それには体の隅々にまで血液がきちんと流れて、細胞一つ一つまで血液が届き、酸素や栄養が行き渡ることが最重要なんです。

     

    血流

     

    低体温ということは、血液がきちんと巡らず一つ一つの細胞にまで届いていない

     

     

    という事ですから、そりゃあ体のあちこちに支障をきたしますよね。

     

     

     

    その結果、低体温の状態がつづくと、「ガン」「うつ」「不妊」などなど大きな病気につながっていくんですね・・。怖い~(>_<)

     

     

     

    では体温を上げて、健康に美しく、痩せるためにはどうしたらいいでしょう?

     

    体温アップの方法

     

    ・太ももなど大きな筋肉を鍛える

     

    ・バランスの良い食事を摂る。特に体を温める食べ物を意識して摂る。

     

    ・体を冷やす食材(白砂糖、小麦、乳製品など)の摂取をできるだけ避ける

     

    ・添加物の摂取を極力避ける。

     

    ・朝起きぬけと夜寝る前に60℃~70℃のお白湯を飲む

     

    ・お腹、腰を温める→腹巻やカイロを貼るなど外からも温める

     

    サプリメントを飲む→体に必要なサプリメントを選ぶことも大切☆

     

    ・睡眠をしっかりとる

     

    ・体温を毎朝決まった時間に測る

     

    ・湯船につかる→オススメ入浴剤があります☆

     

    エステやマッサージを定期的に受ける

    マッサージ

    CHIAKIメソッドジェルを朝晩塗る→血行促進成分がたっぷり入って、実感できるのはCHIAKIジェルだけ!

     

    CHIAKIメソッドジェル

    など。

     

     

    またそれぞれの内容は今後詳しくお伝えしていきますね!

     

     

    この中からまず1つからでもできそうなことを習慣づけてみましょう♪

     

    サロンケアではこれをオススメ!→次ページへGO!