ベクヴェーム

大阪 鶴見 京橋 アンチエイジングケア エステ サロン ベクヴェーム

Q&A

美容コラム

  • 食べる量は変わってないのに体重が増える方は〇〇が落ちてきた合図!

    2018-11-23 10:00

     

    Pocket

    こんにちは!痩身ダイエット、ボディメイクならおまかせ!

    大阪市鶴見区の痩身エステサロン

    ベクヴェームの白男川ユキです🌸

     

     

     

    さて、先日ご来店下さったお客様が、

     

     

    「去年着ていた洋服が入らなくなって、、、

     

    前だったらちょっと食べるのを控えたら、体重もすぐ戻ったのに。」

     

     

    とおっしゃってました。

     

    ウェストきつい

     

    ・食べる量は今までと変わらないのに、体重が増えてきた。

     

    ・去年の洋服のウエスト周りがきつくなってきた。

     

    ・お気に入りの洋服がちょっと似合わなくなってきたような気がする。

     

     

    そんな自覚症状があらわれたら、、

     

     

    基礎代謝が落ちてきている合図です!!

     

     

    基礎代謝とはなんでしょう?

     

    「基礎代謝」は、生命活動だけで消費されるエネルギーのこと。

     

     

     

    簡単にいうと、何もせずにベットで寝ているだけで消費されるエネルギーで、

     

     

    筋肉や内臓、脳の動きで消費されています。

     

     

     

    そもそも「基礎代謝が高い」と運動せずしてエネルギーを使ってくれるので、

     

     

    痩せるにはとっても効率がいいんですね。

     

     

     

    でも20才をピークに基礎代謝は年を重ねるごとに落ちてきます。

     

     

    年齢を重ねると基礎代謝が落ちる理由

     

     

    まず第1に筋肉量が減るということ。

     

     

     

    20歳をピークに筋肉量は減っていきます。

     

     

     

    年齢を重ねると運動習慣のない生活になるため筋肉はますます衰え、

     

     

    疲れやすくてさらに活動量が減るといった悪循環に陥ってしまいます。

     

     

     

    第2の理由としては、

     

     

    仕事で長時間座りっぱなしの方や立ち仕事の方、

     

     

    日頃の姿勢の癖、例えば片方の足に重心がかかってしまう方などに多いのですが、

     

     

    一つ一つの隣り合った筋肉がくっついてしまう、

     

     

    正確には筋肉を包む「筋膜」と「筋膜」同士がはりついて固まってしまうから。

     

     

     

    「筋膜」がくっつくと筋肉の動きが悪くなりますので、

     

     

    代謝が落ちる、つまり太りやすい体になるということなんです。

     

     

     

    血流が悪くなる、リンパの流れが悪くなりますので、

     

     

    冷えやむくみが起こり、脂肪や老廃物が体の外に排出されず、

     

     

    どんどん蓄積されていきます。

     

     

     

    そして、長年溜め込んだものが、

     

     

    贅肉、凸凹脂肪、セルライトといったものに変わって、

     

     

    体型が崩れていくということになるんですね~。

     

     

     

    ベクヴェームのサロンケアでは、まずこの「筋膜」に着目してます!

    詳しく知りたいあなたは次ページへGO!